まず完璧に構想し、構想通りに完璧に行ってこそ、人間として神になって生きる

神様の創造の法則

神様は天地と人間を創造される前に、初めから100%完璧に構想し、その構想通りに完璧に天地と人間をお作りになられました。
地球一つを考えてみても、地球の軌道が少しでも今の軌道より大きかったり、小さかったりしたら、地球は氷の星か灼熱の星になってしまっていることでしょう。
またもし地球が今の軌道から外れてしまったら、太陽に吸い込まれて燃え尽きてしまうか、太陽系から外れてどこかに行ってしまうことでしょう。
このように、宇宙の太陽、地球、月など各種の惑星から、地球世界の木々や花々から動物、人間にいたるまで神様は完璧に構想し、完璧に作られたので、すべての存在物が存在することができています。

医学を学んだ人から話を聞くと、人間の構造はまさに<完璧>であり、神様の存在を感じざるを得ないと言います。
脳、神経、骨、肉、各種の臓器などすべて無駄なく完璧に神様は人間を創造なさいました。

また建物を建てるときも最初の設計が肝心です。
設計段階において完璧に設計して、その通りに完璧に作らなければなりません。
やはり、まず完璧に構想し、その構想通りに完璧に作らなければなりません。
これが神様の創造の法則です。

完璧な神様の構想で作った月明洞

月明洞を開発する時もまさにそうでした。
「このすべての構想は神様、感動は聖霊様、保護はイエス・キリスト、技術実践は私と弟子たち」
この言葉の通り月明洞は、鄭明析牧師が神様と御子に祈って構想を受けて、その構想の通りに作りました。
まず祈って、構想をもらい、その構想通りに作ったのでした。

 

石を一つ置くにも、四方を見て、四方の構造が合い、調和を成しているのかを見て、合ったらそこに積みました。
山はそのままにしておいて、開発しました。
神様の構想通りに、湖は湖の所に作り、野心作の御座は前山のその位置に作り、祈りの園は裏山のその位置に作りました。
御子が先生に<祈りの園>は雄大に積もうとおっしゃったので、大きい石で雄大に積みました。
祈りの園に石を積む時、大きい石ばかりを買えたので、大きい石で積みました。積み終えたら、御子は『冠だ』とおっしゃいました。
また、芝生の聖殿も、御子愛の家も、作る前に完璧に構想し、その構想通りにその位置に作りました。
登山の散策路、泉、すべてその位置に構想し、構想どおりに作りました。

松の木の枝を東西南北にゆらゆらするように、美しく作るためには、既に大きくなって木の形ができた後は作れません。
木に枝が生える時、位置を合わせて、そこにだけ新芽が出るようにし、その他はなくさなければなりません。
このように、作られる時に作らなければなりません。

人間として神になって生きる方法

人間として神になって生きるためには、神様のようにまず完璧に構想して、その構想通りに完璧に行なわなければなりません。
それが人間が神になって生きる方法です。
祈りから、御言葉から、神様の構想を受けて、私たちの一人ひとりの人生も月明洞自然聖殿のように美しく、神秘的で、雄大な作品に作られることを願います。

作ることに関する鄭明析先生の箴言

◆「作る時」、その「形と形体」が決まる。

◆<人間>も作る時、男と女に決まる。既に決まった後はそのまま終わる。

◆<自分の肉、魂、霊>も美しく作るためには、「作る時」、初めから完璧に構想して作らなければならない。<神様の構想>、つまり<神様の御言葉>で作る時、「完璧な作品」に作られる。

◆作る時、美しさと神秘さと雄大さが決まる。

◆作った後は直しても構造が合わない。だから、作る前に「完璧な構想」だ。そして、一つ一つ行なうことだ。これが<神になる方法>だ。

◆<自分の生活>もまずは完璧に構想し、その構想どおりにゆっくり完全に行なうことだ。

◆<万事すべてのこと>もまずは完璧に構想し、その構想どおりにゆっくり完全に行なうことだ。

◆まず「構想」で作り、その次に「実際に行なって」作ることだ。

◆作る時に美しさと神秘さと雄大さが左右される。だから<自分の人生>を構想する時や、<生活に必要なもの>を構想する時も、数十回、数百回も、よりよく構想してみて行なうことだ。

◆<実体>は「構想の結果体」だ。自分の生活をする時や、進路を決める時や、何かの仕事をする時も、構想する時、最高に構想し、設計し、計画することだ。

◆同じ材料を使っても、「構想」によって変わる。だから何かの問題、何かの仕事を前にして、「どう行なうべきか」構想をちゃんとしなければならない。

◆神になるためには、始める前に100%構想し、100%行なうことだ。

◆完璧に構想すること、完璧に行なうことだ。そうすれば「神」になって構想し、計画したとおりに成功する。

 


参考記事

人間が「神」になって生きる方法©摂理

人間が「神」になって生きる方法©摂理

[摂理の御言葉]人間が「神」になって生きる方法

 


コメント (1件)

  1. この世で神様の構想が表れた最高の傑作品。
    わが故郷、月明洞。
    ただただ感謝です。

  2. 月明洞の岩、松など一つ一つが神様の完璧な構想によってこれほどにも尊く素晴らしい聖殿になる事に感嘆するしかありません。
    このように自分自身を神様の完璧な構想で作っていきたいです!

  3. 神様が、完璧に構想し、完璧に創造なさった、人間が、どのように人生を送ればいいのか。。。
    なるほど、この説教は真理ですね。素晴らしい!!

  4. 1タラントの最善

    万物を見るにつけ、神様が完璧に構想し創造されたことに感嘆します。
    以前宇宙の話を聞いたとき、「木星と土星のような大きな惑星が太陽系にあるので、地球に降る隕石の数が違うのだ」と知って驚きました。このように見えない形で守られたいたんだな!と感激しました。
    神になって生きると聞いて畏れを抱き、完璧な構想をときいて難しくも感じましたが、祈りを通して、完璧な神様の構想を受けて、生活をしていくことだと聞いてとても希望を感じました。
    生きるとき、無駄に時間を使うことが多いので、毎日祈って神様の構想をもらい、神になって、理想的に生きていきたいと思います。

  5. これまで聞いて来た話では、神様を信じると自分の意志はなく、全て神様に決められているということですが、この話はそうではありません。しかし神様に対して勝手なことを言っている訳でもありませんでした。むしろ真剣に向き合っていることが伝わってきました。こんな話があるのかと感動しました。

  6. 構想を受けられるかで人生が左右されます!ハレルヤ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です