経緯に関する箴言

経緯に関する鄭明析先生の箴言をご紹介します。

 

経緯と価値を分かって見てこそ、感動と感嘆と感謝と愛と衝撃と有益だ

 

「経緯の値打ち」だ。

 

<経緯>とは何か。<愛>ではないか。

 

愛して創造し、愛して選び、愛して御言葉を与え、愛して今まで守り助けたのではないか。

 

どんなものでも「神様と聖霊様と私御子との経緯」があれば、天にまで上がる価値がある。

 

ましてや、人間はどうだろうか。誰が創造し、誰が選び、誰が愛し、誰が御言葉を与えて誰の御言葉であなたを作り、誰があなたを守り助けたのか。神様、聖霊様、私御子ではないか。だから「その経緯の値打ち」が本当に大きい。

 

木も石も人間も、「神様との経緯の値打ち」だ。御心があって、神様が聖霊様と御子と共に育てたものが、価値が大きい。

 

「経緯の値打ち」は「存在の値打ち」だ。誰の経緯が刻まれているかによって、価値が左右される。

 

月明洞には経緯のある松の木々と石がたくさんある。それが「文字」になり、「言葉」になって、無言で悟らせている。みんなそれを見て「基本の啓示」を聞いて行ない、「自分の立場と行ないによる個性の啓示」を聞いて行なって、神様と聖霊様と御子と対話しなさい。

 

「経緯」を知らなければ、貴重なものをもらっても分からない。

 

「どんな経緯の中でくれたもの」なのか分かってこそ、貴重さがもっと分かるようになる。

 

月明洞も作るまでは世の中のどこの山奥やどんな場所よりも取るに足らない所だった。作っておいたので、世界のどこにもない神様と聖霊様と御子の経緯がまつわる、美しく神秘的で雄大な山奥になった。

 

人間も、経緯によって価値が左右される。

 

 

 


コメント (1件)

  1. 経緯・・・。日々の生活の中で、主が共になさっていることに、もっともっと気付きたいです。

  2. 「月明洞も作るまでは世の中のどこの山奥やどんな場所よりも取るに足らない所だった。」とは考えられませんね!こんなに美しく作れるなんて、驚きました。

  3. 月明洞の岩や木のように、天と自分との経緯をたくさん作って、天を喜ばせて差し上げたいです。

  4. 1タラントの最善

    人として生を受けた人で、神様、聖霊様、御子主と経緯のない人はいません。
    だから、価値がない人はひとりもいないということですよね。
    自分に自信がない私には希望の御言葉でした。
    天との経緯を日々重ねながら、人生を価値あるものに作って生きたいです。
    そして、自分が知らない、神様、聖霊様、御子主との経緯を悟って感謝したいです。
    この地上で肉体があるうちに、神様、聖霊様、御子主とたくさんの経緯を作りたいです。
    貴い御言葉を下さった先生に感謝します。

  5. 鹿のように

    聖三位との愛の経緯を刻める人生、とても幸せです。経緯について深く教えて下さり、体験し悟れるように導いて下さる先生に心から感謝します!

  6. 生活の中のすべての中に、経緯を探したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です