[摂理の御言葉]人間が「神」になって生きる方法

人間が「神」になって生きる方法©摂理

人間が「神」になって生きる方法©摂理

人間が「神」になって生きる方法

2014年11月2日の主日の御言葉より

[御言葉] 鄭明析牧師
[本 文] ヨハネによる福音書10章35節
35)神の言を託された人々が、神々といわれておるとすれば、
ハレルヤ!
永遠でいらっしゃる聖なる父神様の愛と、御子の平安が満ちることを祈ります。

今日の聖書の本文で「神様の御言葉をもらった人は神になる」とおっしゃいました。
これは、<御言葉>はすなわち「神様」で、<神様>は「神」でいらっしゃるから、<神様の御言葉をもらった人>も「神」になるということです。

モーセが<神様の御言葉>をもらってのべ伝えたので、民はモーセを「神」だと言ったし、神様がイエス様に<その時代の神様の御言葉>を与えたので、イエス様は「神」になって御言葉をのべ伝えました。

<御言葉>が神様であり、<御言葉>が聖霊様であり、<御言葉>が御子主です。
だから<御言葉>をもらう人が神様と聖霊様と御子主をもらう人になって、人間として「神」になって生きるようになります。

神様は「天地」を創造なさる前に、初めから完璧に構想して、その「完璧な構想」に従って、完璧にお作りになりました。
だから、日、月、星、地球は、数十億年間使っても故障せずに、完璧に運行しているし、また、地球は一度も軌道を外れることなく、ちゃんと運行して、人間やさまざまな生物がこの地上で生きているのです。

このように、神様と聖霊様と御子主は、作る前に構想する時から、初めから100%完璧に構想なさり、行なう前に「完璧に構想」なさいました。

私たちも人間として神になるためには、作る前に構想する時、「完璧な構想」をし、作る時に「その構想」どおりに完璧にちゃんと作らなければなりません。
だから、作る前に「完璧な構想」であり、そして、一つ一つ行なうことです。これが<神になる方法>です。

一度構想を間違ったら、汗を流して作っても、90%しか作れません。
完全であるためには、行なう前に「完全な構想、完全な計画」です。
そうすれば「神」のようになって、失敗することも100%成功して勝利するようになり、死ぬところからも助かり、病気で死ぬ人も生き返るようにし、問題が起こるところも起こらなくなり、葬式をする家が宴会をする家になるようにします。

今日の御言葉を聞いて、みんな「神」になって生きながら、神と通じる皆さんになることを祈ります。


コメント (1件)

  1. 素晴らしい

  2. 鹿児島の西郷ど~ん

    日々目の前の事に追われている私。しっかり祈って構想を得て深く考えてから始める習慣・体質を作っていきます。

  3. 「神になる方法」、これは衝撃の内容ですね。読めば読むほどに真実が込められていると思います。素晴らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です