2021.02.21 春の気配が漂う穏やかで美しい月明洞

穏やかな春の気配が漂う美しい月明洞です。

冬の間、厳しい寒さに耐え抜いた松の木々が思いっきり光を放ちます。
輝く太陽に照らされた月明洞 自然聖殿です。▲青々と光を放つ松の木々 ⓒ キリスト教福音宣教会 月明洞 自然聖殿▲青々と光を放つ松の木々 ⓒ キリスト教福音宣教会 月明洞 自然聖殿▲青々と光を放つ松の木々 ⓒ キリスト教福音宣教会 月明洞 自然聖殿▲青々と光を放つ松の木々 ⓒ キリスト教福音宣教会 月明洞 自然聖殿
鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師の御言葉です。

神様がその時々に行なわれることを分かって、

神様と聖霊様と主の考えに合わせて行なわなければならない。

そうしなければ”死んだ状態”で生を生きるのと同じだ。

信仰が死んだ人には”復活”が必要だ。

各自自分に該当する生活の復活、より良い復活を続けて成しながら行くのだ。

(2021. 2. 18. 明け方の御言葉より)

御言葉に従ってより良い復活を成す皆さんになることを願います。

関連記事一覧

  1. キリスト教福音宣教会 月明洞 花1
PAGE TOP