2021.04.21 芳しい春の日、花の饗宴

可愛らしい花から勇壮な木の花まで。
それぞれの形の通りに、色彩の通りに。
個性の美を放つ月明洞の花の世界です!

鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師の御言葉です。

過ぎた日に神様と聖霊様と御子が助けなかったら、
愛の乞食、義の乞食になっていただろう。

そして天と遠いみすぼらしいところで生きていただろう。

だから過ぎた日に三位が助けられたことを忘れず
考えて、感謝・感激しなさい。
揺れることなく行ないなさい。
そうしてこそ得るものを得て、享受するようになる。

(2021. 4. 16. 明け方の御言葉より)

関連記事一覧

  1. キリスト教福音宣教会 月明洞04051
  2. 月明洞 キリスト教福音宣教会 0605
  3. ウォルミョンドン湖1
PAGE TOP