2021.07.18 熱い日差しから赤く染まった夕焼けまで

月明洞の一日は
昼間の熱い日差しから、夕方の赤く染まった夕焼けまで
一つも逃せません。

小さな花を眺める瞬間さえも神様を考えさせてくれます。 鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師の御言葉です。

<感謝>は感動を受けた時、得た時、
その時にすぐしなければならない。
そうしてこそ実感する。
感動が冷めたら、形式的な感謝にしかならない。 

また<与える人>も、与えた時、
その時に相手が感謝の言葉を言わなければ、
心が凍ってしまい、普通に接する。
人の心理がそうだ。

これを見て
<神様の心情>を悟らなければならない。
いつも神様に感謝して、喜ばなければならない。

(2021. 7. 13. 明け方の御言葉より)

 

関連記事一覧

  1. 月明洞 キリスト教福音宣教会 0522
PAGE TOP